HOME » スタッフブログ » 2012年4月

スタッフブログ

2012年4月 一覧

春のやわらかな日差しにあう一輪挿しの次にご紹介するのは、

さわやかなグラス達です。

 s-RIMG0889.jpg s-RIMG0910.jpg

 

 

 

 

 

 

これからだんだん暑くなってきます。

そんな時、喉を潤してくれるドリンクを入れて楽しめるうつわです。

 

 

冷たいドリンクはもちろん、アイスクリームやフルーツポンチなどのスイーツを入れても

涼しげでステキですよ♪

 

突然のお客様にも、こんなグラス達でお出ししたら喜ばれますね。

 

s-RIMG0905.jpg 

 

ガラスのシーズン到来です♪

全国のいろいろな場所で、ガラスの展覧会などが行われます。

是非、足を運んでお気に入りのグラスを見つけてみてください。

もちろん、このOnline Shopもよろしくお願いします♪             

       

                                                    Online Shop

 

                                                                                                      

春になり、桜の季節になりました。

OnlineShopでは、おうちでも春を感じてもらえるように、

手のひらサイズの一輪挿しを3点、ご紹介しております。

 

 

s-RIMG0919.jpg

 

 

 

 

 

  

 

それぞれガラスだけでも美しいですが、

一輪お花やグリー を活けるだけで、

また違う表情を見せて くれます。

 

s-RIMG0931.jpg   

 やわらかな春の日差しに映える、小さな一輪挿しをぜひ。

 

 

  今後、Online Shopでは数点ずつではありますが、作家さんの想いも一緒に

 お伝えしていければと思っております。

                                                                                                                                                 Online Shop

(富山のガラスにまつわる様々なお話をTOYAMA・GLASSストーリーズとして書きとめていきます。)


2012年4月7日から静岡県西伊豆町で「第5回KOGANEZAKI・器のかたち・現代ガラス展」が開催されています。全国から216点もの応募があり、見事最優秀グランプリを富山在住ガラス作家の岸本耕平さんが受賞。

s-20120316074715600_0001.jpg

岸本さんは、富山ガラス造形研究所、そして富山ガラス工房を経て、昨年4月に富山市内にて工房兼ギャラリー「KOHEI GLASS STUDIO 凛」を開設。

受賞作品の「記憶の器」は、金属と色ガラスを高温で熔融させ、その反応による複雑な色彩と質感で岸本さんの世界観を醸し出している作品で、審査員より「絵画や彫刻のような美しさを兼ね備えている」と評された。

岸本さんにとって「生きること」は「制作すること」であり、「作品」こそが、彼の「生への本質」を表すものであると言う。

4月28日からは、富山市内の「樂翠亭美術館」でも個展が開催される予定になっています。
是非、岸本さんの自由で独創性のある表現を堪能ください。