HOME » 企画展

企画展

企画展
人の五感のうち、情報受容能力は視覚が最も大きいと言われています。
まず、見ること。
それが、ガラスを感じることの第一歩かもしれません。
日々の生活にとけこむガラス製品。
ここでは、それとはまた別のガラスの魅力と表情を見つけることができるはずです。
視る。

企画展情報

開催日
2019/6/8 (土)~2019/7/28 (日)

会場 : 富山ガラス工房ショップ

ガラス風鈴展2019.jpg
毎年恒例のガラス風鈴展。作家一人ひとりがこだわった風鈴をぜひお楽しみください。(今年は夏の暑さを和らげるかき氷鉢やそうめん鉢などの器とともに展示します。)
s-DSC09679S.jpg s-DSC09684S.jpg

開催日
2019/5/18 (土)~2019/6/16 (日)

会場 : 富山ガラス工房ショップ

s-20190519113701410_0001.jpg中尾雅一・古野怜奈・間渕千夏
富山ガラス工房で新たに進んでいく3人の始まりの展覧会です。ぜひご覧ください。

オンラインショップ新作品入荷多数

http://toyama-garasukobo.jp/onlineshop/


【NEW】オンラインショップが新しくなりました! 【NEW】インスタショッピング機能と連動できるようになりました! ガラス作家がひとつひとつ丁寧に作った作品は、他では味わえない感動があります。 特別な日の贈り物や、日頃の自分へのご褒美に最適です。 オンラインショップでは、 テーブルウェアや季節のアイテムなど、様々なシーンに合わせた作品を今後お届け致します。(これから順次掲載予定です。) お楽しみに!
開催日
2019/4/26 (金)~2019/6/2 (日)

会場 : リバーリトリート雅樂倶3階茶室「巍邦軒」「無私庵」(入場無料)

s-20190412115133351_0001.jpg

富山ガラス工房・リバーリトリート雅樂倶・引網香月堂コラボによる企画展 を開催します。

ワタナベ・サラmeets雅樂倶「和菓子の大脱走」 

4月26日(金)~6月2日(日)

作家在廊日5月5日(日)・5月25日(土)10:00~17:00

※作家在廊日に呈茶イベントを開催(有料)    

会場: リバーリトリート雅樂倶3階茶室「巍邦軒」「無私庵」(入場無料) 富山市春日56-2 TEL076-467-5550

ワタナベ・サラ(富山ガラス造形研究所出身・現在富山ガラス工房所属)の 世界観満載のインスタレーション。また、富山ガラス工房内のカフェクリエでは、5/2(木)~5/4(土)3日間限定で、引網香月堂引網康博氏監修のデザートプレートをご用意いたします。(有料)

s-PRODUCTS最終-1.jpg
(写真 大木文彦)
富山ガラス工房の若手ガラス作家たちが、日本の美術作品からインスピレーションを得て、花器をモチーフに日本の「美学」を表現しました。

(作品左から)
〇金東希作「松林」
等伯が余白に滲ませた情趣。偶然をもみ方につけるという大胆さがある。
価格30,000円(税抜)H約210mm

〇三野直子作「梅花皓月」
中国伝来の墨梅図から逸脱していく若冲の梅図樹。その狂気はとても洗練されている。
価格30,000円(税抜)H約140mm

〇ワタナベ・サラ作「洛中洛外」
京都市中の名所の賑わいを描く時、永徳の視点は画面上を自在に移動している。
価格30,000円(税抜)H約185mm

〇小寺暁洋「燕子花」
光琳の用いた型の反復。金と藍の取り合わせ。日本では装飾的であることが美として肯定されてきた。
価格30,000円(税抜)H約210mm

会場 : 富山ガラス工房ショップ

富山ガラス工房ショップでは、県内外のガラス作家のオリジナル作品を常設販売し、ガラスの魅力をご紹介しています。富山を代表する作家や注目の新鋭作家の作品の数々も気軽にご購入していただけます。

(ショップギャラリー)
http://toyama-garasukobo.jp/shopgallery/

また、ガラス造形作家の活動拠点となっており、工房で創作に打ち込む作家の作業風景を見学することができます。

ショップにて、「越翡翠硝子(コシノヒスイガラス)・越碧(コシのアオ)」作品を展示販売しています。

s-s-DSC03029.jpg

越翡翠硝子(コシノヒスイガラス)

越翡翠硝子 は日本の石 (国石 )である翡翠を含有する富山ガラス工房オリジナル素材です。
富山でも採れる貴重な宝石・翡翠は古代から珍重されてきました。越翡翠硝子の柔らかな色調は時を越えて神秘的な気品漂う翡翠の魅力を映し出しています。

s-s-DSC02966.jpg越碧(コシノアオ)

越碧 は、富山ガラス工房と富山大学が共同研究を行い開発したガラス素材です。日本の文化に合った「和の色」を自らの手で開発したいという強い思いから、その第一弾として富山湾の海をイメージした深く美しい碧を目指しました。
ガラスを通して見える光の様が移ろい行く富山湾の深みを表しています。

http://toyama-garasukobo.jp/project/

s-制作風景.jpg

(富山ガラス工房では、作家の制作風景の見学や作品購入、制作体験ができます。)

富山市ガラス美術館から(富山ガラス工房まで)の交通をご案内いたします。
☆バス(富山地方鉄道路線バス・16系統)
「城址公園前」(ANAクラウンプラザホテル富山前)乗車(美術館から徒歩5分程度)方面選択 ⑦富大附属病院循環(平日、休日で時刻が変わります。)
「ファミリーパーク前」下車(乗車時間20分~30分) 徒歩5分程度
時刻表はこちらから

公式facebook・instagramを開設しました。

facebook

instagram

世界にひとつの美しさを
カタチにするお手伝い。
オーダーメードガラス作品をつくりませんか。

http://toyama-garasukobo.jp/ordermade/

富山ガラス工房所属の作家が、ご希望をお伺いして制作します。
大切な方への贈り物や、オブジェとしての美しさを兼ね備えたトロフィーや記念品、
また華のうつわや食のうつわなど、自由なアイデアをカタチにすることができます。

「ガラス花器レンタルサービス」

多くの方々に富山のガラスを使っていただきたく「ガラス花器レンタルサービス」を開始しました。
期間は2週間と4週間を基本とし、延長利用も可能です。是非、いけばなの展覧会や時節の空間の設えにご利用ください。(短い期間での貸し出しにも対応いたしますので、ご遠慮なくお申し出ください。)

ただいま、発送(富山ガラス工房→お客様)無料サービスを実施しております。(返送にかかる費用はお客様の負担となります。)

〇申込み方法、利用規約
下記より申込書をダウンロードのうえ、本人確認書類のコピー(写真画像可)とともに
(Fax) 076-436-5735 もしくは (Mail) info@toyama-garasukobo.jpへお送りください。
なお、お申込み前に必ず下記「ガラス作品レンタルサービス」利用規約をお読み、ご承諾ください。

「ガラス作品レンタルサービス」利用規約.pdf

「ガラス作品レンタルサービス」利用申込書.docx

ガラス作品画像.pdf



s-PC140019.jpgs-RIMG1244.jpg