HOME » 企画展 » 開催中・今後の企画展情報 » 「TOYAMA GLASS(富山ガラス)」が富山県推奨とやまブランドに認定されました

企画展

「TOYAMA GLASS(富山ガラス)」が富山県推奨とやまブランドに認定されました

s-19_1205_g19297.jpg s-富山曼荼羅彩(富山アイコニック一輪挿し).jpg

富山アイコニック富山曼荼羅彩をはじめとする「TOYAMA GLASS(富山ガラス)」が富山県推奨とやまブランドに認定されました。

1980年代に入り、富山市は新時代の教育と芸術文化、産業の振興を目指し、新しいガラス文化の創造に取り組み始まます。それは、ガラスの将来性、国際性に注目しただけではなく、かつてとやまで盛んだったガラスの薬瓶製造産業にも由来するものであり、ガラス工芸に多くの職人が携わっていたという「とやまのくすり」の歴史と伝統を踏まえた、新たなスタートでした。
以来、富山市では「ガラスの街とやま」をテーマに掲げ、充実した環境のなか国内外で活躍する優れたガラス作家たちを育ててきました。そしていま、彼らが手掛ける多種多様なスタイルの作品は、ガラスアートの世界で高い評価を受けています。



※富山県推奨とやまブランドとは(富山県ホームページより
富山県には、豊かな自然・文化などに育まれてきた素材や、ものづくりの伝統に磨かれた技と心から生み出された、素晴らしい県産品が多数あります。
富山県では、これらの県産品の中から、特に優れたものを厳選し、「富山県推奨とやまブランド」として認定し、その魅力を広く全国へ発信しています。